「bottle」+「jinja2」を使ってサイト構築 3 共通テンプレートの利用

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今回はbottleやjinja2の使い方というより、フレームワークの開発方法。

複数ページに渡るサイトをフレームワークで開発するとき、ヘッダー、フッターなどの各ページの共通部分を
ベースとなるテンプレートファイルに作成しておき、各ページごとにベースのテンプレートファイルを呼び出して
作成する。

ベースのテンプレートファイルを作成

まずベースのテンプレートファイル base.html をviewsディレクトリに作成する。
({# … #}で囲まれている部分は、jinja2のコメント)

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <meta charset="utf-8" />
    {# 各ページごとにタイトルを定義できる #}
    <title>bottle's Page - {% block title %}{% endblock %}</title>
    <script type="text/javascript" src="/js/jquery.min.js"></script>
    <script type="text/javascript" src="/js/jquery-ui.min.js"></script>
    <script type="text/javascript" src="/js/bootstrap.min.js"></script>

    <link rel="stylesheet" href="/css/jquery-ui.min.css" />
    <link rel="stylesheet" href="/css/jquery-ui.theme.min.css" />
    <link rel="stylesheet" href="/css/jquery-ui.structure.min.css" />

    <link rel="stylesheet" href="/css/bootstrap.min.css" />
    <link rel="stylesheet" href="/css/bootstrap-theme.min.css" />
    {# base.tplを呼び出した先でヘッダーを追加する #}
    {% block header %}
    {% endblock %}
</head>
<body>
  <div class="navbar navbar-inverse" role="navigation">
      <div class="container">
          <div class="navbar-header">
              <button type="button" class="navbar-toggle" data-toggle="collapse" data-target=".navbar-collapse">
                  <span class="sr-only">ナビゲーションの切替</span>
                  <span class="icon-bar"></span>
                  <span class="icon-bar"></span>
                  <span class="icon-bar"></span>
              </button>
              <a class="navbar-brand" href="#">Slackツール</a>
          </div><!-- /.navbar-header -->
          <div class="navbar-collapse collapse">
              <ul class="nav navbar-nav">
                  <li class="active"><a href="/top">ホーム</a></li>
                  <li class="active"><a href="">リンク1</a></li>
                  <li class="active"><a href="">リンク2</a></li>
              </ul>
          </div><!-- /.navbar-collapse -->
      </div><!-- /.container -->
  </div><!-- /.navbar -->
{# base.tplを呼び出した先でコンテンツを記述する #}
<div class="col-xs-8 col-xs-offset-2">
{% block contents %}
{% endblock %}
</div>
</body>
</html>

派生のテンプレートファイルを作成

各ページの共通部分以外の部分に関しては

{% block ブロック名 %}
{% endblock %}

といった具合に記述しておくことで、あとからその部分に入れることができる。
上のbase.htmlの場合だと、title, header, contents というブロック名の部分。

さて、これまでに作った top.html を、 base.html を使うようにしてみる。

{% extends 'base.html' %}

{# base.html の title の中に入れるコンテンツ #}
{% block title %}
{{ name }} のページ
{% endblock %}

{# ヘッダー情報を追加する場合はここに記述する。 #}
{% block header %}
{% endblock%}


{# base.html の contents の中に入れるコンテンツ #}
{% block contents %}

こんにちは、 {{name}}

<h1>今日のfizzbuzz</h1>

<table class="table table-striped">
    <thead>
        <tr>
            <th>header</th>
        </tr>
    </thead>
    <tbody>
        <tr>
            <td>データ1</td>
        </tr>
        <tr>
            <td>データ2</td>
        </tr>
        <tr>
            <td>データ3</td>
        </tr>
        <tr>
            <td>データ4</td>
        </tr>

    </tbody>
</table>

{% endblock %}

base.htmlを使う という宣言はファイル冒頭の

{% extends 'base.html' %}

と記述することで適応される。

base.htmlで記述した共通部分以外の各ページごとに差し込みたい部分に関しては

{% block ブロック名 %}
{% endblock %}

の間に記述することで挿入することができる。

Related posts

One Thought to “「bottle」+「jinja2」を使ってサイト構築 3 共通テンプレートの利用”

  1. […] 「bottle」+「jinja2」を使ってサイト構築 3 共通テンプレートの利用 […]

コメントを残す