【夏休みの自由研究】RaspberryPi3でソレノイドを動かした

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

厳密には逆起電圧の対策が必要。

購入したもの

ブレッドボードとかジャンプワイヤーとかは省く。

ソレノイド 5V ZHO-0420S-05A4.5 プッシュ型
NchパワーMOSFET 2SK2232(60V25A)

前提

Pyenvをホームディレクトリに構築 でpython環境を構築した後に、

pip install RPi.GPIO

でインストール。

回路図

solenoid_%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

コード

import RPi.GPIO as GPIO
import time

GPIO.setmode(GPIO.BOARD)
GPIO.setup(11, GPIO.OUT)

if __name__ == "__main__":

    for t in range(10):
        GPIO.output(11, True)
        time.sleep(0.5)
        GPIO.output(11, False)
        time.sleep(0.5)

動いている様子