【学習golangシリーズ】クロージャ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

クロージャとは

今更ながら、クロージャとは「ローカル変数を参照している関数内の関数」のこと。
もはや常識レベルになっているんだろうけど、あまり使いこなせていない。。。
とりあえず、以下例。

14行目のreturnのところに書いてあるクロージャの内部で、add関数内の変数nを参照している。

22行目でadd関数をaに代入し、aを実行するたびに数値が増えていく。
これは、aにadd関数内部のローカル変数nを保持された状態で無名関数が実行されるため、数値が増加していく。
クロージャを使わないとグローバル変数を用意する必要が出てくるため、クロージャを使い慣れておくと便利。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です