【学習golangシリーズ】golangでのエラー処理

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

[amazonjs asin=”B06XJ86BFZ” locale=”JP” title=”プログラミング経験者がGo言語を本格的に勉強する前に読むための本”]

エラー処理を実装するには、errorsパッケージを使う。

package main

import (
    "fmt"
    "errors"
)

func err(n int) (int, error) {

    // n が奇数の場合、エラーを返す
    if n % 2 == 1{
        return 0, errors.New("ERROR!!!!!!!!!!!!!!!!!")

    }else {
        return n + 1, nil
    }
}

func main(){
                // 答えとエラーを受け取る
    ans, e := err(3)
        // エラーがnil出ない場合、エラーを表示する
    if e != nil {
        fmt.Println(e.Error())
        return
    }
    fmt.Println(ans)
}

Related posts

コメントを残す