【学習kotlinシリーズ】可変長の引数の関数の定義

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

Qiitaでことりん学習帳を発売しています!

可変長の引数の定義の仕方

可変長の引数は、引数名の前に vararg をつけて以下のように定義する。

実際に書いてみる

実行結果

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です