【学習kotlinシリーズ】可変長の引数の関数の定義

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Qiitaでことりん学習帳を発売しています!

可変長の引数の定義の仕方

可変長の引数は、引数名の前に vararg をつけて以下のように定義する。

fun 関数名(vararg 引数名: 引数の型): 返り値の型 {
}

実際に書いてみる

// varargを引数に指定することで、可変長の引数になる。
fun add(vararg ints: Int ): Int {

    var ans: Int = 0
    for( i in ints ){
        ans += i
    }

    return ans
}


fun main(args: Array<String>){

    // 引数の長さを変えても実行できる。
    println(add(1,2,3,4,5))
    println(add(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10))
    println("----------------------------")

    // 配列を渡すこともできる。
    val ary = intArrayOf(1,2,3,4,5,6,7,8,9)
    // 配列を渡す時は * 記号をつける。
    println(add(*ary))
}

実行結果

15
55
----------------------------
45

Related posts

コメントを残す