【Mac】brewだけでOpenCV3+Python3(venv)の環境を構築する

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Homebrewをインストール

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Python3をインストール

brew install python3

Pyenvをインストール

brew install pyenv
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

Python 3.5.1をインストール

pyenv install 3.5.1
pyenv local 3.5.1
pyenv global 3.5.1
python --version

    Python 3.5.1

pyvenv環境を構築

mkdir ~/.venv
pyvenv ~/.venv/opencv
source ~/.venv/opencv/bin/activate
pip install --upgrade pip

OpenCV3をインストール

brew tap homebrew/science
brew install opencv3 --with-python3

上記でうまくいかない場合

brew install opencv3 --with-contrib --with-python3 --without-python

上で試してみるといいかもしれない。

numpy, ipythonをインストール

pip install numpy ipython

venvのpython環境でOpenCV3を使えるようにする

cd ~/.venv/opencv/lib/python3.5/site-packages/
ln -s /usr/local/Cellar/opencv3/3.1.0_3/lib/python3.5/site-packages/cv2.cpython-35m-darwin.so ./

確認

ipython
In [1]: import cv2
# ERRORがでなければOK

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です