再考 IPython 3(matplotlibを使ったグラフの描画)

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

再考 IPython 2(notebookの活用) に続き。
Pythonエンジニア養成読本[いまどきの開発ノウハウ満載!] (Software Design plus)

IPythonを使うとMatplotlibを使ったグラフ描画がスムースに行える。

ブラウザ上で描画するには、IPython上で

%matplotlib inline

を実行する必要がある。

例1: sinの曲線の描画

%matplotlib inline
import numpy as np
from matplotlib import pyplot

# -5 から 5 まで0.1刻みの値を確保
x = np.arange(-5, 5, 0.1)
y = np.sin(x)

pyplot.plot(x, y)

 

例1実行結果

スクリーンショット 2015-05-13 1.22.02

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2015-05-13 1.22.30

 

 

 

 

 

 

 

 

例2:  棒グラフ

%matplotlib inline
import numpy as np
from matplotlib import pyplot

X = [1, 2, 3, 4, 5]
Y = [100, 20, 1000, 500, 20]

pyplot.bar(X, Y)
pyplot.show()

 

例2 実行結果
スクリーンショット 2015-05-13 2.06.17

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2015-05-13 2.06.37
 

 

 

 

 

 

 

 

例3: 2次元分布

%matplotlib inline
import numpy as np
from matplotlib import pyplot

rand_x = np.random.randn(100)
y1 = rand_x + np.random.randn(100)
y2 = rand_x * 3 + np.random.randn(100)
pyplot.plot(rand_x, y1, "r.", label="すごい値")
pyplot.plot(rand_x, y2, "k.", label="ものすごい値")
pyplot.legend()

 

例2 実行結果
スクリーンショット 2015-05-13 2.14.01

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2015-05-13 2.14.19

 

 

 

 

 

 

 

次回予告: IPython関連はともかくmatplotlibの色々な描画について。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です