【学習kotlinシリーズ】エルビス演算子

Qiitaでことりん学習帳を発売しています! エルビス演算子 ある変数がnull出ないときにはそのままの値で、nullの時はデフォルトの値でなんらかの処理を行いたい場合に、エルビス演算子を使うことで実装できる。 実際に書いてみる fun main(args: Array<String>){ val a: String? = “abcde” val b = (a ?: “default”).toUpperCase() println(b) val c: String? = null val d = (c ?: “c is null”).toUpperCase() println(d) } 実行結果 ABCDE C IS NULL