python,python2,python3,基礎,関数

書き方がちょっと変わっているけど便利な関数。

all関数

引数内で指定した条件が全て満たされている場合、Trueを返す。
下の例では、リスト(や )から1つずつ取り出し、2で割り切れるかどうかを試している。 ...

python,python2,python3,基礎,関数

collectionsモジュールの用途は広いため、一例を紹介。

Counterメソッド

Counterメソッドは、引数のリストの要素の個数をカウントし、カウントが多い順に要素とカウントのペアを返す。
In

python,モジュール,基礎,関数

しばらくはpythonモジュールのお勉強。

Bottleのようなシンプルなフレームワークでパラメータを渡す際に、マッピングがごちゃごちゃしてしまい、
うまくパラメータが拾えなくなってしまうことがある。
そん ...

Mac,python,python2,python3,クラス,基礎,関数

Python3 フィボナッチ数列の色々(再帰・yield) の続き。

イテレータでフィボナッチ数列

イテレータを使ってフィボナッチ数列を出力してみた。

# -*- coding: utf-8 -*-

python,python2,python3,基礎,関数

3種類のフィボナッチ数列を生成する関数を作ってみた。
まだyieldが手になじまないために。

ベーシックスタイル

最もベーシックなフィボナッチ数列の形。

In : def fib(m):

iPython,lambda式,python,内包表記,基礎,関数

応用例

関連:
lambda式について
map関数

map関数 の回で

In : array =

In : array
Out:

In :

python,python2,python3,内包表記,基礎,関数

そりゃあるだろうとは思うけど、知らなかったので。

関連:
リスト内包表記(list comprehensions)について 1
辞書内包表記(dictionary comprehension)について 1 ...

iPython,python,内包表記,基礎

リスト内包表記のように。

辞書型でもリスト内包表記のように記述できる。

辞書型を定義すると、

In : dic = {"data0": 0, "data1&q

python,基礎,関数

他の人のソース読んだら使っていて、使ったら便利だったため。
常識なんだろうけど知らなかった。

map関数は

map(func, array)

という使い方で、与えられた配

lambda式,python,内包表記,基礎,関数

素敵。
応用例書くかもしれないからタイトルに1をつける。。。

 

リスト内包表記って

リストを定義するときに通常は、

array =

のように定義する