pyenv

pyenvでpython3.5.1をインストールした時に下記のエラーになった。

$ pyenv install 3.5.1Installing Python-3.5.1…

BUILD FA

pyenv

brewでインストールするだけだけど、今後も使いそうなので。

 

インストール

pyenvをbrewでインストール

brew update
brew install pye

pyenv

この方法だと管理者権限が必要で自由度が狭いため、書き直す。

 

必要なパッケージをインストール

sudo apt-get install git gcc make openssl libssl

python3

以前作ったSlackBotツールを、Nginxをフロントにして動かすようにカスタマイズした。

ローカルでも動くSlackのBot管理ツールを作成してみた(Bottle + jinja2 + Slacker)

_,matplotlib

ぶち当たったので書いておく。

pyenvを使っている場合は、一度systemに戻し、使っているpyenvのバージョンをアンインストールする。
(今回の場合は3.5.0)

$ sudo pyen

matplotlib

以下のパッケージが必要のよう。

sudo apt-get install libfreetype6-dev libpng-dev

Django

ローカルでも動くPython3+Djangoを使ったアップローダーなんかを作ってみる 3 jQueryとBootstrapを導入 の続き。
サイトの表示部分を作っていく。

とりあえずbootstrapっぽくナビゲーション ...

Django

インクルードするときによくパスを間違えるため、備忘録。

他のテンプレートファイルをインクルードする

以下の様なディレクトリ構成とする。

 

 

 

Django

staticディレクトリを用意

sites/sites_project/staticディレクトリを作成し、その中にcss、js、imgディレクトリをそれぞれ作成する。

jQueryをjsディレクトリをjsファイルに設置

jQu ...

Django

ローカルでも動くPython3+Djangoを使ったアップローダーなんかを作ってみる 1 の続き。

※8/20 よりDJangoで作成するプロジェクト名を uploader から sites_project に変更 ...

Django

よく間違えやすいので。

LANGUAGE_CODE = ‘ja’

TIME_ZONE = ‘Asia/Tokyo’

LANGUAG

Django,python,python3

100記事目!!!!!!

Caffeは何かと時間がかかるので、並行してDjangoでアップローダーなんかを作ってみることにする。
今回は下準備の下準備くらいのもの。

環境

環境はMacだけど、Macのpy ...

Caffe,python,python2

チュートリアルを基に、CNNを学習させてみる。
まだおぼつかないため、とりあえず手順だけ。

前提

Ubuntu14.04 Anaconda(Python2)+Caffe(機械学習ライブラリ)をインストール

Caffe,python,python2

Caffeに標準で用意されているスクリプトを遣って、リファレンスモデルによる画像の分類をしてみる。

前提

Ubuntu14.04 Anaconda(Python2)+Caffe(機械学習ライブラリ)をインストール

Caffe,OpenCV3,python,python2,python3

Ubuntu14.04にPython3の環境(厳密にはAnaconda3)を構築し、紹介した内容 でCaffeをインストールしimport仕様としたところ、以下の様なエラーが。

In : import caffe