CentOS7 pyenvをホームディレクトリにインストール

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

CentOS7 pyenvを利用したpython環境構築のホームディレクトリへの設置方法。

前提

CentOS7がインストールしたて。

 

CentOS7 アップデートと開発ツールをインストール

アップデートと最低限必要と思われる開発ツールをインストール。

$ sudo yum update -y
$ sudo yum groupinstall "Development Tools"
$ sudo yum install gcc gcc-c++ make git openssl-devel bzip2-devel zlib-devel readline-devel sqlite-devel

 

pyenvをインストール

pyenvをgithubからダウンロードする。

まずgithubからpyenvをcloneしてくる。

$ cd 
$ git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git ./.pyenv
$ git clone git://github.com/yyuu/pyenv-virtualenv.git ./.pyenv/plugins/pyenv-virtualenv

次に /etc/profile.d にpyenvの環境変数を定義しておく。

$ vi ~/.bashrc
export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"
$ source ~/.bashrc

 

pyenvからpythonをインストール

pyenvでインストールできるpythonのバージョンを確認。

$ pyenv install --list

Available versions:
  2.1.3
.............
  2.7.9
  2.7.10
.............
  3.5.0
.............
  stackless-3.4.1

今回は特にバージョンにこだわりが無いため、3.4.3をインストール。
「pyenv versions」で確認できる。

pyenv install 3.5.0
pyenv versions
  system
* 3.5.0 (set by /home/centos/.python-version)
$ pyenv local 3.5.0
$ pyenv global 3.5.0

2系でvirtualenv環境を構築する方法

$ pyenv install python-2.7.5
$ cd
$ pyenv virtualenv python-2.7.5 venv_python
$ pyenv local venv_python
$ pyenv global venv_python

Follow me!

CentOS7 pyenvをホームディレクトリにインストール” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です