gmailのAPIを使う1

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

なにか機械学習で扱えるデータはないかなと思い、ふとgmailが使えそうと思って使ってみる。
(なんか土佐日記の冒頭みたい。)

 

APIキーを取得

  1. 以下URLにアクセスし、ログインする。

Google Developers Console

  1. Gmail APIのプロジェクトを作成する。

スクリーンショット 2016-02-15 23.54.21

スクリーンショット 2016-02-15 23.55.39

  1. APIキーを作成する。

OAUTH クライアントIDを選択する。
スクリーンショット 2016-02-15 23.58.05

同意画面を設定をクリック。

スクリーンショット 2016-02-15 23.56.49

利用するメールアドレス等、必要な情報を入力。
スクリーンショット 2016-02-15 23.57.31

その他を選択。
スクリーンショット 2016-02-15 23.56.37

クライアントIDとクライアントシークレットを取得。(あとでjsonファイルをダウンロードするため、控える必要はない。)
スクリーンショット 2016-02-15 23.58.17

jsonファイルをダウンロード。
(client_secret.jsonというファイル名で、次に作成するpythonファイルと同じディレクトリに保存する。)
スクリーンショット 2016-02-15 23.58.46

 

python環境を用意する

CentOS7 pyenvをホームディレクトリにインストール

pyenv ~/analogy_python
source ~/analogy_python/bin/activate
pip install --upgrade pip
pip install --upgrade google-api-python-client ipython

apiに接続

  1. use_api.pyを作成
from __future__ import print_function
import httplib2
import os

from apiclient import discovery
import oauth2client
from oauth2client import client
from oauth2client import tools

try:
    import argparse
    flags = argparse.ArgumentParser(parents=[tools.argparser]).parse_args()
except ImportError:
    flags = None

# If modifying these scopes, delete your previously saved credentials
# at ~/.credentials/gmail-python-quickstart.json
SCOPES = 'https://www.googleapis.com/auth/gmail.readonly'
CLIENT_SECRET_FILE = 'client_secret.json'
APPLICATION_NAME = 'Gmail API Python Quickstart'


def get_credentials():
    """Gets valid user credentials from storage.

    If nothing has been stored, or if the stored credentials are invalid,
    the OAuth2 flow is completed to obtain the new credentials.

    Returns:
        Credentials, the obtained credential.
    """
    home_dir = os.path.expanduser('~')
    credential_dir = os.path.join(home_dir, '.credentials')
    if not os.path.exists(credential_dir):
        os.makedirs(credential_dir)
    credential_path = os.path.join(credential_dir,
                                   'gmail-python-quickstart.json')

    store = oauth2client.file.Storage(credential_path)
    credentials = store.get()
    if not credentials or credentials.invalid:
        flow = client.flow_from_clientsecrets(CLIENT_SECRET_FILE, SCOPES)
        flow.user_agent = APPLICATION_NAME
        if flags:
            credentials = tools.run_flow(flow, store, flags)
        else: # Needed only for compatibility with Python 2.6
            credentials = tools.run(flow, store)
        print('Storing credentials to ' + credential_path)
    return credentials

def main():
    """Shows basic usage of the Gmail API.

    Creates a Gmail API service object and outputs a list of label names
    of the user's Gmail account.
    """
    credentials = get_credentials()
    http = credentials.authorize(httplib2.Http())
    service = discovery.build('gmail', 'v1', http=http)

    results = service.users().labels().list(userId='me').execute()
    labels = results.get('labels', [])

    if not labels:
        print('No labels found.')
    else:
      print('Labels:')
      for label in labels:
        print(label['name'])


if __name__ == '__main__':
    main()
  1. 実行

–noauth_local_webserver オプションを使って実行する。

python use_api.py --noauth_local_webserver
Go to the following link in your browser:

    https://accounts.google.com/o/oauth2/auth?response_type=code&client_id***********&access_type=offline

  1. 上記リンクにブラウザでアクセスする

スクリーンショット 2016-02-16 0.10.10

  1. キーを保存し、コンソールに貼り付ける。

スクリーンショット 2016-02-16 0.10.17

Enter verification code: *********
Authentication successful.
Storing credentials to /home/centos/.credentials/gmail-python-quickstart.json
Labels:
CATEGORY_PERSONAL
CATEGORY_SOCIAL
[Imap]/Drafts
[Imap]/Trash
CATEGORY_FORUMS
重大
[Imap]/Sent
IMPORTANT
Queue
CATEGORY_UPDATES
CHAT
mydns
SENT
INBOX
TRASH
CATEGORY_PROMOTIONS
DRAFT
SPAM
STARRED
UNREAD

とりあえず今日はここまで。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です