【学習kotlinシリーズ】for文

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Qiitaでことりん学習帳を発売しています!

for文の書き方

for文の書き方は、

for (変数名 in イテレータを提供するオブジェクト){
    // ループ内処理
}

という説明をしても伝わらないかもしれないので、実際の書き方は実例で。

実際に書いてみる

3種類の例を用意した。最初は配列から順番に取り出してループ、次にリストから順番に取り出してループ、最後にレンジから順番に取り出してループする例。

fun main(args: Array<String>){

    // 配列から順番に取り出してきてループ
    for (x in arrayOf(1,2,3)){
        println(x)
    }

    println("----------------------------------")

    // リストから順番に取り出してきてループ
    val lst: List<Char> = listOf('a', 'b', 'c')
    for (y in lst){
        println(y)
    }

    println("----------------------------------")

    // レンジから順番に取り出してきてループ
    for (z in 0..20 step 2){
        println(z)
    }

}

実行結果

1
2
3
----------------------------------
a
b
c
----------------------------------
0
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20

途中でbreak

他の言語と同様に、途中でbreakすることもできる。

fun main(args: Array<String>){

    // 途中でbreakする例

    for (z in 0..100 step 3){

        // zが30より大きくなったらbreak
        if(z > 30){
            break
        }

        println(z)

    }
}

実行結果

0
3
6
9
12
15
18
21
24
27
30

continueも同様に使える。

イテレータを持つオブジェクトを作ることもできるが、それは別の篇で。

Related posts

コメントを残す