【学習kotlinシリーズ】関数オブジェクト

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

Qiitaでことりん学習帳を発売しています!

関数オブジェクトとは

Kotlinは、関数を他の数値や文字列と同じように変数に代入したり、他の関数の引数として与えたり、関数の結果として与えることができる。関数オブジェクトとして使う時は、定義してある関数名の前に「::」をつける。

実行結果

関数オブジェクトを代入したsで関数が実行できていることが分かる。

関数オブジェクトの型

関数オブジェクトにも型がある。上の例のsquare関数の関数オブジェクトの型は、

となる。square関数がInt型の引数を1つ受取り、Int型の値を返すからだ。一般的に、関数オブジェクトの型は

が関数オブジェクトの型となる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です