【学習kotlinシリーズ】ジェネリクス

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Qiitaでことりん学習帳を発売しています!

ジェネリクスとは

ジェネリクスとは、型パラメータをとるクラスやメソッドのこと。。。

型パラメータって?

型パラメータとは、例を見たほうが速い。

実際に書いてみる

class Container<T>(val value: T)

型パラメータとは、のこと。Tでなくても好きなものを置くことができる。それを引数の型として指定できる。上のTの状態は仮の型で、
インスタンスを作成する時に、実際に存在する型を指定することで、その指定された型を取るクラスを作成することができる。

実際に型パラメータを使ってみる

fun main(args: Array<String>){
    class Container<T>(var value: T)

    val intContainer: Container<Int> = Container<Int>(123)
    println(intContainer.value)

    val charContainer.Container<Char> = Container<Char>('C')
    println(charContainer.value)
}

実行してみる

123
C

同じコンテナに違う型の変数を代入することができた。

Related posts

コメントを残す