【学習kotlinシリーズ】マップ

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Qiitaでことりん学習帳を発売しています!

マップの定義の仕方

変更不可のマップは次のように定義する。

val m: Map<String, Int> = mapOf("a" to 1, "b" to 2)

変更可能のマップは次のように定義する。

val mut_m: MutableMap<String, Int> = mutableMapOf("c" to 3, "d" to 4)

実際に書いてみる

fun main(args: Array<String>){

    // 変更不可のマップを定義する
    val m: Map<String, Int> = mapOf("a" to 1, "b" to 2)
    println(m)
    // キーが a の値を表示する
    println(m["a"])

    println("-------------------------------------")

    // 変更可能なマップを定義する
    val mut_m: MutableMap<String, Int> = mutableMapOf("c" to 3, "d" to 4)
    println(mut_m)

    // キーが e の値を表示する
    println(mut_m["e"])

    // キーが e で値が 5 の要素を入れる
    mut_m += "e" to 5
    println(mut_m["e"])

    // mut_m のサイズを表示する
    println(mut_m.size)
}

実行結果

{a=1, b=2}
1
-------------------------------------
{c=3, d=4}
null
5
3

Related posts

コメントを残す