【学習kotlinシリーズ】名前付け引数とデフォルト引数

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Qiitaでことりん学習帳を発売しています!

引数名を指定すれば引数の順番が異なっても問題ないし、デフォルトの引数も指定できる。
他の言語を触ったことのある人であれば目新しさは特にないので、さらっと。

実際に書いてみる

// bにデフォルト引数を指定してある
fun add(a: Int, b: Int = 2): String {
    return "${a} + ${b}"
}


fun main(args: Array<String>){

    println(add(1, 2))
    println("--------------")

    // 順番通りに名前付け引数で
    println(add(a=1, b=2))

    println("--------------")
    // 順番が異なる名前付け引数で
    println(add(b=2, a=1))

    println("--------------")
    //デフォルト引数を使って
    println(add(1))
}

実行結果

1 + 2
--------------
1 + 2
--------------
1 + 2
--------------
1 + 2

Related posts

コメントを残す