lambda式+map関数について

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

応用例

関連:
[Python] lambda式について
[Python] map関数

map関数 の回で

In [1]: array = [x for x in range(0, 10)]

In [2]: array
Out[2]: [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

In [3]: def sum(x):
  ...:     """ 引数に1足して返す"""
   ...:     return x + 1
   ...:

In [4]: map(sum, array)
Out[4]: [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10] <-すべての要素に1足されている。

のようにmap関数の使い方を紹介した。が、defで一度関数を定義しなくてもlambda式で一行で記述できる。

In [1]: map(lambda x: x + 1, range(0, 10))
Out[1]: [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]

スマート。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です