LinuxMint(Ubuntu) 上のPython3にOpenCV3をインストール

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

ものすごいてこずったのと、pyenvで構築した環境へのインストールを試みたがうまくいかなかった。
しかしapt-getでインストールしたpythonでは一応構築できたため、備忘録。

前提

前庭と言うより、構築した時点でpyenvでのpython環境を構築していた。
そのため、少なからず影響がでうるため、以下の手順を前提としておく。

LinuxMint(Ubuntu) pyenvを使ったPython環境の構築

 

OpenCV3のインストール

依存関係のあるパッケージをインストールする。

sudo apt-get install libopencv-dev build-essential checkinstall cmake pkg-config yasm libtiff4-dev libjpeg-dev libjasper-dev libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libdc1394-22-dev libxine-dev libgstreamer0.10-dev libgstreamer-plugins-base0.10-dev libv4l-dev python3-dev python3-numpy libtbb-dev libqt4-dev libgtk2.0-dev libfaac-dev libmp3lame-dev libopencore-amrnb-dev libopencore-amrwb-dev libtheora-dev libvorbis-dev libxvidcore-dev x264 v4l-utils python3.4-dev python3-pip

http://opencv.org/downloads.html から Linux/Macのタイプをダウンロード
ダウンロードディレクトリに解凍しておく。

make -j○ の○の部分はCPUのコア数。環境によって変更する。

cd ~/ダウンロード/opencv-3.0.0/build
cmake -D CMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE -D CMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local -D BUILD_opencv_java=OFF -D WITH_IPP=OFF -D PYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3.4 ..
make -j8
sudo make install

使えるか確認する。

/usr/bin/python3.4
>> import cv2
なにも表示されなければ成功。

前提でpyenv環境を構築している場合は、pyenv local system などで一度pythonのパスをシステムの方に切り替えておくといいかも。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です