[Mac] Sublime Text3にScala開発環境(Ensime)を構築(おまけとしてPlayインストール)

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

少し説明

Ensime は、好みのエディタにScala/Javaの統合開発環境を構築してくれるもの。
Playは、Scala/JavaのWebフレームワーク。

[amazonjs asin=”1119267226″ locale=”JP” title=”Professional Scala”]

関連パッケージをインストール

[shell] brew install scala
brew install sbt
brew install typesafe-activator
brew install –HEAD paulp/extras/coursier
[/shell]

※ 他サイトで「brew install play」が必要と書いてあるが、「typesafe-activator」 に置き換わっている。

 

Sublime Text3のパッケージ「Ensime」をインストール

Sublime Text3のPackage Control から、 Ensime をインストールする。

ensime

 

Ensime Serverをインストール

こちら からEnsime Server をダウンロードして、Sublime Text3のPackageディレクトリ配下に設置する。
(執筆段階ではensime_2.10.0-0.9.8.9.tar.gz)

[shell] cd ~/Downloads/
tar zxvf ensime_2.10.0-0.9.8.9.tar.gz
cd ~/Library/Application Support/Sublime Text 3/Packages
mkdir -p Ensime/Server
cd Ensime/Server
mv ~/Downloads/ensime_2.10.0-0.9.8.9/* .
[/shell]

sbtにEnsimeプラグインを追加

[shell] mkdir -p ~/.sbt/0.13/plugins
echo ‘addSbtPlugin("io.get-coursier" % "sbt-coursier" % "1.0.0-M12")’ >> ~/.sbt/0.13/plugins/plugins.sbt
echo ‘addSbtPlugin("org.ensime" % "sbt-ensime" % "0.5.1")’ >> ~/.sbt/0.13/plugins/plugins.sbt
echo ‘addSbtPlugin("org.ensime" % "ensime-sbt-cmd" % "0.1.2")’ >> ~/.sbt/0.13/plugins/plugins.sbt
[/shell]

プロジェクトを作成

[shell] activator new hello_activate

Fetching the latest list of templates…

f^Cumentu:scala_test umentu$
umentu:scala_test umentu$ rm -rf he
umentu:scala_test umentu$ activator new hello_play

Fetching the latest list of templates…

Browse the list of templates: https://lightbend.com/activator/templates
Choose from these featured templates or enter a template name:
1) minimal-akka-java-seed
2) minimal-akka-scala-seed
3) minimal-java
4) minimal-scala
5) play-java
6) play-scala
(hit tab to see a list of all templates)
> 6
OK, application "hello_play" is being created using the "play-scala" template.

To run "hello_play" from the command line, "cd hello_play" then:
/Users/umentu/Dropbox/scala_test/hello_play/activator run

To run the test for "hello_play" from the command line, "cd hello_play" then:
/Users/umentu/Dropbox/scala_test/hello_play/activator test

To run the Activator UI for "hello_play" from the command line, "cd hello_play" then:
/Users/umentu/Dropbox/scala_test/hello_play/activator ui

cd hello_play/
sbt
[hello_play] $ sbt ensimeConfig
# [hello_play] $ ensime generate で呼び出すように紹介されているサイトもあるが、
# 現在は利用できない

[/shell]

 

ensimeを有効にする

作成したプロジェクト(上記の場合はhello_play)のフォルダをsublime textで開き、右クリック->Ensime->Maintenance->Startupをクリックすると起動する。

ensime1.5

 

補完機能を使えるようにするために

Ctrl + Spaceが補完機能に割り当てられているが、押すとSpotlightが開いてしまうため、Spotlightを無効にする。

システム環境設定でキーボードを開き、ショートカットタブでSpotlightのチェックを外す。

ensume2

Related posts

コメントを残す