OpenCV + YOLOv3で物体検出を行う

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

どうも。帰ってきたOpenCVおじさんだよー。

そもそもYOLOv3って?

YOLO(You Look Only Onse)という物体検出のアルゴリズムで、画像を一度CNNに通すことで物体の種類が何かを検出してくれるもの、らしい。

使い方(ほぼ独自のため、正しいかとても怪しい……)

環境構築

事前にTensorflowなりKerasなりOpenCVなりをインストールしておく。Pyenvなどの方法は割愛。わからなければこちらをみて。

python -m venv ~/.venv/yolo
source ~/.venv/yolo/bin/activate
pip install --upgrade pip

pip install tensorflow
pip instsall keras
pip install opencv-python
pip install pillow

yolo.h5ファイルの作成

理解はあとにしておくことにして、yolo.weightsという学習データをyolo.h5というファイルに変換する必要がある。その方法は次の通り。

git clone https://github.com/xiaochus/YOLOv3
cd YOLOv3
python yad2k.py cfg/yolo.cfg yolov3.weights data/yolo.h5