python – Numpyを使った標準偏差(Standard Deviation)の求め方

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks

標準偏差

s^2 = \sum_{i=1}^{N} (x_i - m)^{2}
(m = \frac{1}{N} \sum_{j=1}^{N} x_j)

import math 

def hensa(ary):
        m = sum(ary) / len(ary)
        a = 0
        for n in ary:
            a += math.pow((n - m), 2)
        a = math.sqrt(a / len(ary))
        return a

なんてしなくても

import numpy as np

np.std(ary)

で出せる模様。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です