デバッグに便利。Python3.6から実装されたf-stringについて。

Pythonのアップデートをおいかけると色々面白い機能が追加されているんだけど、「普及しないよなぁ、これ」といったものも多い。しかし、f-stringは活用すべきと思い、書いてみた。

f-stringとは

文字列に変数を埋め込んで書く場合、str.formatメソッドか%演算子を利用する。

name = '太郎'
print('name={}'.format(name))print('name={0}'.format(name))
print('name={name}'.format(name=name))

print('name=%s' % name)

まぁこれでもいいんだけど。f-stringを使うともっと便利に。

name = '太郎'
print(f'name={name}')

Python2系でuだのなんだのを文字列の前につけていたのをPython3で削除したからなんか嫌な感じもするんだけど、書式としてはとても優秀。

Python3.8では更にデバッグに便利に

Python3.8では更に便利になった。=を使うと、name=も不要になる。

name = '太郎'
print(f'{name=}')