Python OpenCV3で画像のアフィン変換(中心を指定した回転)

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

前回の方法とは異なり、画像の中心を指定して回転する方法を紹介。

[amazonjs asin=”4061538225″ locale=”JP” title=”OpenCVによる画像処理入門 (KS情報科学専門書)”]

前提

ディレクトリ構成などはこことかこことか。

&nbsp

元画像

この画像(slack_botter.png)を使う。
以前の例だとsource/imageディレクトリ配下に設置する。

slack_botter

 

getRotationMatrix2Dメソッドの解説

getRotationMatrix2Dメソッドの引数は次の通り

[python] cv2.getRotationMatrix2D(画像の中心の座標,回転させたい角度,拡大比率)
[/python]

 

実際に回転してみる

getRotationMatrix2Dメソッドで回転行列を生成し、アフィン変換を行う。

sourceディレクトリにrotation.pyを作成する。

[python title=”rotation.pyの内容”] # -*- coding: utf-8 -*-

import cv2
import numpy as np

if __name__ == ‘__main__’:

# 画像読み込み
img_src = cv2.imread("./image/slack_botter.png", 1)

# 画像の中心位置
# 今回は画像サイズの中心をとっている
center = tuple(np.array([img_src.shape[1] * 0.5, img_src.shape[0] * 0.5]))

# 画像サイズの取得(横, 縦)
size = tuple(np.array([img_src.shape[1], img_src.shape[0]]))

# 回転させたい角度
# ラジアンではなく角度(°)
angle = 45.0

# 拡大比率
scale = 1.0

# 回転変換行列の算出
rotation_matrix = cv2.getRotationMatrix2D(center, angle, scale)

# アフィン変換
img_rot = cv2.warpAffine(img_src, rotation_matrix, size, flags=cv2.INTER_CUBIC)

# 表示
cv2.imshow("Show ROTATION Image", img_rot)
cv2.waitKey(0)
cv2.destroyAllWindows()

[/python]

実行してみる。

[shell] (opencv_python)$ python rotation.py
[/shell]

スクリーンショット 2015-06-25 22.19.12

 

この間と違う感じで回転した。

 

Related posts

3 Thoughts to “Python OpenCV3で画像のアフィン変換(中心を指定した回転)”

  1. kitasako

    13行目:center = tuple(np.array([img_src.shape[1] * 0.5, img_src.shape[0] + 0.5]))
    となっていますが
    center = tuple(np.array([img_src.shape[1] * 0.5, img_src.shape[0] * 0.5]))
    ではないでしょうか

    1. umentu_blog

      ご指摘ありがとうございます。
      修正しました。

      読んでいただき、ありがとうございます。

  2. […] Python OpenCV3で画像のアフィン変換(中心を指定した回転) […]

kitasako にコメントする コメントをキャンセル