Python3 all関数とany関数

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

書き方がちょっと変わっているけど便利な関数。

all関数

引数内で指定した条件が全て満たされている場合、Trueを返す。
下の例では、リスト([2, 4, 6]や [2, 5, 6])から1つずつ取り出し、2で割り切れるかどうかを試している。

In [1]: all( x % 2 == 0 for x in [2, 4, 6])
Out[1]: True

In [2]: all( x % 2 == 0 for x in [2, 6, 6])
Out[2]: True

In [3]: all( x % 2 == 0 for x in [2, 5, 6])
Out[3]: False

any関数

引数内で指定した条件が少なからず一つ満たされている場合、Trueを返す。
下の例では、リスト([2, 4, 6]や [1, 5, 3])から1つずつ取り出し、2で割り切れるかどうかを試している。

In [5]: any( x % 2 == 0 for x in (2, 4, 6))
Out[5]: True

In [6]: any( x % 2 == 0 for x in (2, 6, 6))
Out[6]: True

In [7]: any( x % 2 == 0 for x in (2, 5, 6))
Out[7]: True

In [8]: any( x % 2 == 0 for x in (1, 5, 3))
Out[8]: False

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です