React.jsをES6で書き直した

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

React.jsのコード例を自分用にまとめてみる(JSX)のまとめのコードをES6に書き換えてみた。

いくつか注意しないといけない点があった。

classの作成方法

React.jsのクラスの作り方は、React.createClass関数を使っていた。

var Component = React.createClass({
 /// ・・・・
});

これを React.Componentクラスをextendsすることでクラスを作成する。

class Component extends React.Component {
    // ・・・
}