Software Design 2019年1月号を執筆させていただきました!

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今回のテーマが機械学習と線形代数ということで、行列解析が大学院までの専門分野であったことから、執筆させていただいた。なるべくわかりやすく書いたつもりだったのですが、書いているうちに書きたいことが山のように増えてしまい、奥様に読ませたところ、「よくわからない。。。」といわれてしまった。難しくなったかな。

テーマは、

1. 線形性
2. ベクトル
3. 行列

の三段構成となっている。行列式に関しては、定義の方法はあるもののいずれも難しいため、計算方法(余因子展開)のみを紹介するにとどまった。また、固有値に関しても、もっともっと書きたいことがあったのだけれど、定義するにとどまった。機械学習で使うということを念頭において書いたつもりだけれど、少し脱線している感は否めない。

執筆後、何度も修正を入れていただいたため、編集部の方々には本当にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

とにかく読んでいただけたら幸いです。
Netflixの電車の広告じゃないけど、

実家は意外とやることがないぞ!線形代数を勉強しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です