【感情分析】PythonでIBM Tone Analyzerを使ってTwitter Streamingを感情分析してみた

PythonでIBM Language Translatorを使ってTwitter Streamingを翻訳してみた の続き。 今回の目的 今回の目的は、IBM Tone Analyzerを使って、Twitter Streaming APIを使って取得したつぶやきを感情分析してみる。 問題点 残念ながら、IBM Tone Analyzerは日本語対応していない。そのため、IBM Language Translatorで英訳したものを分析してもらう。 APIキー取得 1. カタログから、Tone Analyzerを選択。 2. サービスを作成 3. ユーザー名・パスワードを表示して控えておく。 環境構築とか 前回と同じ。 ソースコード lib/tone_analyze.pyを作成する。 # -*- coding: utf-8-*- from watson_developer_cloud import ToneAnalyzerV3 as ToneAnalyzer class ToneAnalyze(object): def __init__(self): self.tone_analize = ToneAnalyzer( version=”2017-09-21″, username=”**ユーザー名**”, password=”**パスワード**” ) def analyze_text(self, text, content_type=”text/plain;charset=utf-8″): tone = self.tone_analize.tone( tone_input=text, content_type=content_type ) return tone if __name__ == ‘__main__’: tone_analyze = ToneAnalyze() print(tone_analyze.analyze_text( “Yay! I bought an Iphone! https://iphone.com”)) 実行してみる。 {‘document_tone’: {‘tones’: [{‘score’: 0.896776, ‘tone_id’: ‘joy’, ‘tone_name’: ‘Joy’}]}, ‘sentences_tone’: [{‘sentence_id’: 0, ‘text’: ‘Yay! I bought an Iphone!’, ‘tones’: [{‘score’: 0.896776, ‘tone_id’: ‘joy’, ‘tone_name’: ‘Joy’}]}, {‘sentence_id’: 1, ‘text’: ‘https://iphone.com’, ‘tones’: []}]} Joyと判定された! Twitter Streamingで取得したツイートを翻訳する…