PythonでIBM Language Translatorを使ってTwitter Streamingを翻訳してみた。

タイトルなげー。 API KEY 取得 1. IBM Cloudにアクセスして登録だのなんだのを済ませて、IBM Language Translatorにアクセス。ライトアカウントを登録する。 2. サービスを作成する。日本リージョンはない模様。IBM cloud自体がないのかな・・・・・・・? 3. API Keyを表示してコピーする 環境構築 pip でインストールする。 pip install –upgrade pip pip install watson-developer-cloud tweepy ソースコードを書く プロジェクトディレクトリ/lib配下にtranslate.py を作成。 # -*- coding: utf-8-*- from watson_developer_cloud import LanguageTranslatorV3 as LanguageTranslator class Translate(object): def __init__(self): self.translator = LanguageTranslator( version=”2018-05-01″, url=”https://gateway.watsonplatform.net/language-translator/api”, iam_api_key=”**** 取得したAPIキー ****” ) def translate_text(self, text, source=”ja”, target=”en”): translated_data = self.translator.translate( text=text, source=source, target=target ) translated_text = translated_data[‘translations’][0][‘translation’] return translated_text if __name__ == “__main__”: trans = Translate() print(trans.translate_text(“こんにちは!お元気ですか?”)) lib/translate.pyを実行してみると以下のように表示される。 python lib/translate.py Hello!How are you? プロジェクトディレクトリ配下に、main.pyを作成。Twitter の開発者情報の取得方法は割愛。 # -*- coding: utf-8 -*- import re from datetime import timedelta from lib.translate import Translate import tweepy customer_key = “CUSTOMER KEY” customer_secret = “CUSTOMER SECRET”…