CentOS7 pyenvを利用したpython環境構築

CentOS6系と大差ないけど。 [amazonjs asin=”4774173207″ locale=”JP” title=”Pythonエンジニア養成読本[いまどきの開発ノウハウ満載!] (Software Design plus)”] 前提 CentOS7がインストールしたて。   CentOS7 アップデートと開発ツールをインストール アップデートと最低限必要と思われる開発ツールをインストール。 [shell] # yum update -y …………. # sudo yum groupinstall "Development Tools" …………. # yum install gcc gcc-c++ make git openssl-devel bzip2-devel zlib-devel readline-devel sqlite-devel [/shell]   pyenvとpyenv-virtualenv をインストール pyenvと、使うかわからないけどとりあえずpyenv-virtualenvをインストール。 まずgithubからpyenvをcloneしてくる。 [shell] # cd /usr/local # sudo git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git ./pyenv # sudo git clone git://github.com/yyuu/pyenv-virtualenv.git ./.pyenv/plugins/pyenv-virtualenv [/shell] 次に /etc/profile.d にpyenvの環境変数を定義しておく。 [shell] # vi /etc/profile.d/pyenv.sh [/shell] [shell title=”pyenv.shの内容”] export PYENV_ROOT="/usr/local/pyenv" export PATH="${PYENV_ROOT}/bin:${PATH}" eval "$(pyenv init -)" [/shell] シェルを再度起動し直し、環境変数を読み込む [shell] exec $SHELL -l [/shell]   pyenvからpythonをインストール pyenvでインストールできるpythonのバージョンを確認。 [shell title=”pythonのバージョンのリスト”] # pyenv install –list Available versions: 2.1.3 …………. 2.7.9 2.7.10 …………. 3.4.1 3.4.2 3.4.3 …………. stackless-3.4.1 [/shell] 今回は特にバージョンにこだわりが無いため、3.4.3をインストール。…