Ubuntu ノートPCのタッチパッドを無効にする方法

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

  1. デスクトップにtouchpad.sh というファイルを作成して以下を書き込んで保存
[shell title=”touchpad.shの内容”] #!/bin/bash

xinput list | grep -i touchpad|cut -d"=" -f2|cut -f1|xargs -i xinput set-prop {} "Device Enabled" 0
[/shell]

  1. 端末で
[shell] chmod +x ~/デスクトップ/touchpad.sh
[/shell]

とするか、touchpad.shを右クリック -> プロパティクリックして、アクセス権タブの「プログラムとして実行可能」にチェックしてウィンドウを閉じる。

Screenshot from 2015-08-30 16:27:25

 

  1. 適当にフォルダを開き、編集->設定をクリック。

Screenshot from 2015-08-30 16:37:10

 

  1. 動作タブの実行可能なテキストファイルを「クリックしたら実行する」にチェックしてウィンドウを閉じる。

Screenshot from 2015-08-30 16:38:11

 

  1. touchpad.shをクリックするとタッチパッドが認識しなくなる。

備考:
touchpad.shの内容の最後の0を1に変更してtouchpad.shをクリックすると再度認識される。

[shell title=”touchpad.shの内容”] #!/bin/bash

xinput list | grep -i touchpad|cut -d"=" -f2|cut -f1|xargs -i xinput set-prop {} "Device Enabled" 1
[/shell]

Related posts

コメントを残す