ぼくのかんがえたさいきょうのVS Code 1

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

VS Code熱いので。

プラグインの入れ方

コマンドパレットの表示の仕方

Windows: Ctrl + Shift + P
Mac: Command + Shift + P
Linux: Ctrl + Shift + P

Setting Sync

Settings Sync

絶対に最初に入れておいた方がいいプラグイン。VS Codeの設定をGithubのgistで同期することができる。一度設定しておけば、他のPCでVS Codeを使いたいときに一気に同じ環境を構築できる。

インストール方法は、少し面倒。

1. GitHubにアクセス

VS Code側の設定

Settings Syncをインストール

コマンドパレットを表示し、Syncと入力してUpload Settingsと選択。

先程Githubで取得したトークンを入力

これでアップロードされる。更におまけとして、自動で同期させたい場合は、次の設定を行う。

Material Icon Theme

Material Icon Theme

ファイルの種類のアイコンをマテリアルデザインのアイコンに。みやすい。

indent-rainbow

indent-rainbow

インデントを虹色で表現してくれる。Pythonだと必須。デフォルトは色が淡い。

ので、settings.pyを書き換えて色を変更した。

以下を追記。

    "indentRainbow.colors": [
        "#e2b2c0",
        "#a5d1f4",
        "#fff353",
        "#7fc2ef",
        "#e4ad6d",
        "#b3d3ac",
        "#d685b0",
        "#db3159",
        "#c4a6ca",
        "#eabf4c",
        "#f9e697",
        "#eac7cd"
      ]

VS Codeを再起動すると反映される。

Japanese Language Pack for Visual Studio Code

Japanese Language Pack for Visual Studio Code

日本語化。必要であれば。

Bracket Pair Colorizer 2

Bracket Pair Colorizer 2

括弧を多様する言語を使用する場合はほしい。

Regex Previewer

Regex Previewer

正規表現

VSNotes

VSNotes

VSNotesはマークダウン式のメモをタグ付けして保存してくれるとても便利ツール。コマンドパレットを開き、Create a New Noteを選択するとマークダウンファイルが設定したディレクトリに作成される。ディレクトリをGoogle DriveやDropboxなどのディレクトリを指定すると他のPCでも共有できる。

ちなみにマークダウンで書いたら、

Windows/Linux: Ctrl + K -> V 、
Mac: Command + K -> V

でプレビューが表示されるよ。

Markdown PDF

Markdown PDF

結構驚きのツールだった。マークダウンで記述したものをPDF/HTMLに変換できるというもの。

Output Colorizer/Log File Highlighter 

Output Colorizer

Log File Highlighter

出力を装飾してくれる。

Prettier – Code formatter

Prettier – Code formatter

コマンドパレットを開いて、Format Documentを選択すると自動で整形してくれる。

Trailing Spaces

Trailing Spaces

余分な空白を表示してくれる。また、settings.jsonに以下のように記述すると、保存時に空白を削除してくれる。

"files.trimTrailingWhitespace": true

Pyright

Pyright

めちゃめちゃ最近出た、MS公式のPythonの静的型チェッカー。

sftp

sftp

VSCodeからサーバーに直接アップロードしたいときに便利。サーバーからローカルにダウンロードもできる。設定ファイル作成は以下の通り。

また、sftp.jsonに以下のように設定すると秘密鍵が設定できる。

    "privateKeyPath": "秘密鍵のパス",

LaTeX Workshop

LaTeX Workshop

原稿を書くときはMacTeX で標準で入るTeX Shopを利用していたけど、最近はVS Codeで書くようになった。ただし、コンパイル時に画像の注釈などが乱れることがあったため、最終的にはTeX Shopでコンパイルしていたりする。設定は下記サイトを参考にした。

また追加したら書く。

Related posts

One Thought to “ぼくのかんがえたさいきょうのVS Code 1”

コメントを残す